時計は日常生活の中で時間を知るための便利なツールですが、一口に時計と言ってもデザイン性から機能性に至るまでそれぞれ特徴が異なることから、どれを選べばいいのか悩んでしまう人も少なくありません。そこで今回は、時計ごとの特徴について解説していきます。

デジタル時計

時計の中でも比較的手頃な値段で購入できるタイプの一つにデジタル時計があります。デジタル時計は文字通り数字による表記が特徴で、機能性に特化したタイプからファッション性を重視したモデルまで豊富に種類があるのが特徴です。ここではデジタル時計の特徴や選び方を紹介していきます。

デジタル時計ならではの特徴

デジタル時計の最も大きな特徴としては、時間をはっきり明確に表示できるということが挙げられます。アナログでは大まかな時間を把握することがしやすいですが、細かい分数や秒数などはちょっと見ただけではわか…

DETAIL »

デジタル時計の選び方

デジタル時計ははっきりと時間がわかるということがメリットです。そのメリットを十分生かしていくためには見やすさという点が重要なポイントとなります。選ぶ候補が複数ある場合には、より見やすいものを選んで…

DETAIL »

デジタル時計を購入する時の注意点

デジタル時計とアナログ時計は似ているようで違っている

腕時計を購入する際、デジタル時計にするのか、アナログ時計にするのかで悩みます。デジタル時計の魅力は、機械的なフォルムとシンプルで分かりやすいデジタル表示にあるでしょう。デジタル時計の多くは、時刻を表示する以外にも、ストップウォッチ機能やアラーム機能、その他にもいろいろな機能が搭載されています。一方、機種によって曜日や日付けが分かるタイプも存在しますが、アナログ時計は長針と短針というシンプルな構成です。 スポーツ競技などをしている人にデジタル時計が人気なのも、さまざまな機能が使えて便利だからでしょう。心拍数や脈拍数まで計測できるデジタル時計も販売されているので、機能重視の人にとっては手放せません。もちろん、アナログ時計にもストップウォッチ機能が搭載されている機種もあります。どこまで高性能な機能が必要なのかで選んでもいいでしょう。

多機能なデジタル時計だけど

デジタル時計の良さは、多機能だけではありません。アナログ時計に比べて、衝撃性に強くなっています。普段使いで気になるのが、ちょっとした不注意で起こる落下です。デジタル時計の場合、機種にもよりますが、ちょっとした落下で簡単に壊れたりしません。一方のアナログ時計では、ボディー外装にキズがつくことも考えられますが、それ以上に時計内部の機械的な故障が問題です。それだけ、アナログ時計は丁寧に扱わなければいけません。 使い勝手の良さも手伝って、デジタル時計は幅広い年代から根強い人気があります。しかし、その使い勝手の良さが逆に、スーツを着用するようなフォーマルな場面で、少し子どもっぽい印象を与えてしまうかもしれません。

© Copyright Luxury Brand Watches. All Rights Reserved.